MAIL:

PASSWORD:

会員登録

パスワード忘れ

検索









SHOPPING

[1...| 1| 2| 3| ...3] 次>>
7inchLive & Learn
Alton Ellis
CoxsonLive & Learn
Alton スタワン・クラシック
ファンキーなHornのイントロから一転、Altonが唄いだすと甘酸っぱい雰囲気に
シリアスなメッセージをソフトに語ったナンバー
1968年リリース
0008390680

7inchThings A Come To Bump
Bassies
CoxsonThings A Come To Bump
Foundation Riddim Track Things A Come To Bumpのオリジナル!
ブジュのICI、最近ではブッシュマンがリメイクしたりして、今でも現役リズム・トラックThings A Come To Bumpのオリジナル・ヴァージョンです!
粋なイントロ、ギターのカッティングが心地よい!
Bassiesのゆるいコーラスも雰囲気最高!
0000070680

7inchIve Got To Go Back Home
Bob Andy
Coxson
1972年に発表された、Bob Andyの代表作&Reggae史に残る傑作アルバム、”Song Book”にも収録されているナンバー。
Ive Got To Go Back Homeと切なく歌い上げるBob Andyの歌声、最高です。
0002316680

7inchLonesome Feeling
Bob Marley & The Wailers
Coxson
Bob Marley & The Wailers Vintageリイシュー
Bobが最初に作ったグループTeenagersから男3人組みになる移行期のメンバーによるセッション
本セッションではお馴染みのマーリー、トッシュ、バニーにジュニア・ブレイスウェイトの男4人に、ビバリー・ケルソ、チェリー・グリーンの女子2人
若さに元ずく勢いで突き進んでます。
1965年リリース
Side-B Something On My Mind / Horace Andy(試聴後半)
0016399580

7inchBorder Line
Chandley Duffus
Coxson
ナイスなヴォーカル盤
最後期のStudio 1シングル
60年代のStudio 1初期にWhat A DisasterのHitを持つChandley Duffusがコクソンの依頼でレコーディング
曲は黒いカントリー・シンガー”Charley Pride”のナンバー
南部風のホーンにチープなキーボードが雰囲気出してます。
Chandley Duffusの男くさいヴォーカルも良いですね。
濃い目のお酒が似合う一枚です。
2000年リリース
0024019680

7inchNatty Dont Go
Cornell Campbell
Coxson
甘めな歌が多い、ファンデーション・シンガーCornel Campbellのコンシャス・チューン!
渋いっす!
0000232680

7inchBrown Skin Gal
Gaylads
Coxson
Wicked Ska Tune
名グループGayladsの軽やかなコーラス・ワーク
心弾むナイスなナンバー
1964年リリース
Side-B Freedom / Clancy Eccle
0011808680

7inchGet In The Groove
Heptones
CoxsonGet In The Groove
Heptones名曲!
タイトル通り、グルーヴ感溢れるトラックが最高です。
Heptonesの甘くドリーミーなコーラス、良いです。
1971年リリース
0005656680

7inchLove Wont Come Easy
Heptones
CoxsonLove Wont Come Easy
Heptonesスタワン・クラシック
乾いたサウンドにしなやかなリズム。
特にギターが音色、ノリ共に最高です。
蜃気楼の様にとらえきれないHeptonesならではのコーラスが素晴らしい。
1968年リリース
0005375680

7inchPretty Looks
Heptones
CoxsonPretty Looks
Studio 1クラシックス
豪快なトロンボーンのイントロ
ゴッツとした荒削りな手触りながら暖かく響くサウンドはStudio 1ならでは。
Heptonesのドリーミーなハーモニーはいつ聞いても心和む名曲です。
1968年リリース
0000389680

[1...| 1| 2| 3| ...3] 次>>